3Dプリント医療解決策

医療業界には大量の個性化ニーズが存在し、標準化、量産化が困難だが、これはまさに3 D印刷技術の優位性である。博瑞展の3 Dプリントパーソナライズ医療ソリューションは、複数の病院で臨床応用に用いられ、患者のために精確な治療方案を設計して、治療効果の**化と副作用の最小化を達成する。

3 Dプリント外科術前モデル

3 Dプリント技術は呼吸科、肝胆膵科、心外科、腫瘍科、泌尿器外科、心血管外科、神経外科などで重要な役割を発揮する:病巣と重要な脈管構造の空間位置関係を精確に定位するだけでなく、術中の大小位置と完全に一致する透明化3 Dモデルを迅速にプリントでき、外科医を「空想」の窮地から脱出させ、術前に多次元から術中の状況を実在に予測し、重要なパイプの行方を明確にし、手術経路と手順を制定し、手術を予行することができる。

3 Dプリント整形外科術前モデル

患者のCT/MRIデータに基づいて3 Dモデルを再建し、1:1の実物モデルをプリントし、疾病の診断、術前手術方案の設計、術前手術操作の訓練に支援している。

3 Dプリント整形外科手術中ガイドプレート

脊柱手術を例に、主たるものは精確に釘を打ち、手術合併症を軽減することである。3 Dプリントによって個性的なドリルガイドをプリントし、椎弓根ねじの挿入を補助し、精度を増加して手術もより簡単になり、術前に適切なねじサイズを見つけられ、ねじの投入軌道も設計でき、ねじのずれを減らすことができる。

3 Dプリント手術後の回復用具

伝統的な石膏モデルは空気を流せず、傷口のかゆみを引き起こしやすく、臭気もある。3 Dプリントによって設計された用具は、人の手型に完全に適合しているだけでなく、通気孔があるため、通気性の問題を解決した。また、ボタンがいつでも開くように設計したから、薬をつけることも容易になり、外接超音波装置により、傷口の癒合速度を速める。

3 Dプリント整復外科術前モデル

3 Dプリント技術を整復外科に応用し、3 Dプリントモデルは頭蓋顎面外科手術の術前シミュレーションに協力し、軟組織形態構造の3次元再建、頭蓋、顎骨、眼窩骨などの複雑な3次元構造の定位、移動及び再建などを効果的に解決した。たとえば、頭蓋骨モデル、顎骨モデル、外耳モデルだ。

3 D印刷整復外科術中骨切断ガイドプレート

骨切断手術中のガイドプレートは手術前の設計案を手術中に持ち込むことができ、医師は術前にプリントされたガイドプレートを通じて骨切り角度を確定し、内固定取り付けをガイドすることができる。